Love UK ~baking and stuff

イギリスにまつわるモノゴトに囲まれたい。イギリスの食べ物、お菓子、紅茶、お酒も大好き。英国お菓子教室’クロック・バーン・レーン’の運営をめざし、日々奮闘しています。レッスン情報など定期的に掲載しますが、個人レッスンなどご希望やお問い合わせなどございましたら、clock.b.ln@icloud.comまでお気軽にご連絡ください。

スコーンのお供・クロテッドクリーム

イギリスのスコーンは、どちらかと言えば水分が少なくボソボソした感じです。甘みも少ない。

そこで必要不可欠なのがジャムとクロテッドクリーム


知り合いのイギリス人に言わせたら、むしろジャムとクロテッドクリームを食べるためにスコーンがあるとまで(笑)

そもそもクロテッドクリームって?

イギリスの西南デボン州で昔から製造されている濃厚なクリームで、脂肪分が60%以上のものを言うそうです。生クリームとバターの間くらいの濃度らしいです。

日本では、中沢さんというメーカーがクロテッドクリームを販売しており、比較的簡単にスーパーでも手に入ります。

f:id:akkyuk:20170118191623j:plain


(私の地元の小岩でも、駅ビルシャポー内の北野エースで販売していました!喜)

もちろんクオカさん、富澤商店さんにはありますし輸入品を扱うスーパーでも取り扱いがあります。

クロテッドクリームのお味は、バターより軽いけどコッテリした乳製品、クリームという感じ。

f:id:akkyuk:20170119075343j:plain

封したてはトロリとしているけど、だんだん硬いテクスチャーになります。


f:id:akkyuk:20170119075646j:plain 

焼きたてスコーンにぴったり!