Love UK ~baking and stuff

イギリスにまつわるモノゴトに囲まれたい。イギリスの食べ物、お菓子、紅茶、お酒も大好き。英国お菓子教室’クロック・バーン・レーン’の運営をめざし、日々奮闘しています。レッスン情報など定期的に掲載しますが、個人レッスンなどご希望やお問い合わせなどございましたら、clock.b.ln@icloud.comまでお気軽にご連絡ください。

ホームページ完成

先日お話したとおり、ホームページを作成いたしました‼️

http://akkyuk.wixsite.com/ukbake-clock-bn-ln


これから内容を充実させていきますが、教室の方向性やイベントについてなど、まず最初に必要な情報を盛り込みました。


素人が作成したものゆえ、見辛い点などあるかと思いますが、ご勘弁ください。ゆくゆくは、きちんとしたものを作りたいと思います。

今後ともよろしくお願いいたします。

レモンドリズルケーキ

f:id:akkyuk:20170131180928j:plain

f:id:akkyuk:20170131180929j:plain

イギリスの定番ケーキのひとつ、レモンを使ったさわやかなケーキ。レモンドリズルケーキ。

「ドリズル(drizzle)」は雨がしとしと降る様子や霧雨を意味します。

f:id:akkyuk:20170131185403j:plain

レモンの果汁を使ったケーキにレモンアイシングをそれこそ、雨のように降らせて作ります。
簡単だけど、美味しいし見栄えのするケーキなので、プレゼントにもぴったり。


春先か初夏になったら教室でも作ってみたいと思います。ホントに簡単なのにお味は本格的なので、良い意味でびっくりされるかと思います!
ご興味がある方がいらしたら、個人レッスン、グループレッスンでお作りいただく事もできますので、お気軽にご相談くださいね。^_^

事業届と教室ホームページ作成

2017年より、クロック・バーン・レーンは本格始動。ということで、2017-1-27(Fri) 事業届を提出してまいりました。

f:id:akkyuk:20170128131038j:plain

提出前に近所の神社にお参りとご報告。

あまり信心深いほうではありませんが、この神社の雰囲気、好きです。

イギリスから帰国後、特にこの日本特有の雰囲気が素晴らしいと実感するようになりました。


さてさて。話を教室に戻します。

現在、教室ホームページも制作中ですので、近々みなさまにお披露目できるかと思います‼️

ホームページには今後展開予定のコースのご案内や教室名の由来なども書いています。

今月中にはこちらでご報告できるよう、進める予定です。


今後もカジュアルに楽しめるイギリス菓子教室、クロック・バーン・レーンをよろしくお願いいたします。


バレンタインお菓子教室のご案内

今年のバレンタインは、これまでと少し違った手作りお菓子をプレゼントしてみませんか⁉️

クロック・バーン・レーンではイギリスにちなんだバレンタインお菓子教室を開催します!
2月11日土曜と12日日曜にチョコスコーンとチョコマフィンのレッスンを行います。

f:id:akkyuk:20170124121629p:plain

f:id:akkyuk:20170124121627p:plain

お問い合わせお申し込みは以下までどうぞ♪

clock.b.ln@icloud.com

 みなさまのご参加をお待ちしています❣️

スコーン教室

本日、3名の方がご参加くださいました。ありがとうございます。
f:id:akkyuk:20170121160758j:plain f:id:akkyuk:20170121160759j:plain
皆さまとてもお上手。ふっくらとキレイに焼き上げていらっしゃいました。
f:id:akkyuk:20170121160757j:plain 
丸だけでなく、違った形を作るのも楽しいですね!

今後も定番スコーン教室、季節のスコーンや他のイギリス菓子講座を計画していますので、はじめての方もリピーターの方もぜひ‼️(^^)
楽しく簡単に作れるのが当教室のモットーですので、お気軽にご参加くださいね。

スコーンのお供・クロテッドクリーム

イギリスのスコーンは、どちらかと言えば水分が少なくボソボソした感じです。甘みも少ない。

そこで必要不可欠なのがジャムとクロテッドクリーム


知り合いのイギリス人に言わせたら、むしろジャムとクロテッドクリームを食べるためにスコーンがあるとまで(笑)

そもそもクロテッドクリームって?

イギリスの西南デボン州で昔から製造されている濃厚なクリームで、脂肪分が60%以上のものを言うそうです。生クリームとバターの間くらいの濃度らしいです。

日本では、中沢さんというメーカーがクロテッドクリームを販売しており、比較的簡単にスーパーでも手に入ります。

f:id:akkyuk:20170118191623j:plain


(私の地元の小岩でも、駅ビルシャポー内の北野エースで販売していました!喜)

もちろんクオカさん、富澤商店さんにはありますし輸入品を扱うスーパーでも取り扱いがあります。

クロテッドクリームのお味は、バターより軽いけどコッテリした乳製品、クリームという感じ。

f:id:akkyuk:20170119075343j:plain

封したてはトロリとしているけど、だんだん硬いテクスチャーになります。


f:id:akkyuk:20170119075646j:plain 

焼きたてスコーンにぴったり!


イギリス紅茶飲み比べ

イギリスのティータイムといえば紅茶!
ティーバッグではなく茶葉で優雅なお茶会…というイメージがあるかもしれませんが、意外や意外、一般家庭や庶民派ティールームではティーバッグが飲まれることがほとんどです。
スーパーでも茶葉の(loose tea)より普通のティーバッグ(tea bags)のコーナーが9割を占めています。それだけ日常化しているということかもしれません。
今日は2種類ですがイギリス紅茶ブランドのアールグレイ紅茶を飲み比べます。
日本でも手に入りやすいアーマッドとトワイニングです。

アールグレイ(Earl Grey)は、茶葉の種類ではなく茶葉にベルガモットの香りをつけたフレーバーティーの一種です。1830年代にイギリスの首相を務めた第2代グレイ伯爵という人が中国茶から着想を得て英国内でブレンドを開発させたとか。
ベースになる茶葉はメーカーによって色々とあるみたいです。セイロンや中国茶のキーマンなどが一般的みたいですね。

アーマッドとトワイニングの比較では、アーマッドのがベルガモットの香りが強く、水色も濃い。
f:id:akkyuk:20170113164438j:plain 
右がアーマッド、左がトワイニングです。

茶葉はアーマッドのは細かくトワイニングのほうが、大きめです。
f:id:akkyuk:20170113164439j:plain 
アーマッド
f:id:akkyuk:20170113164440j:plain

ベルガモットの香りが好きな人は、アーマッドのが好みかも。トワイニングはちょっと物足りない感じでした。
アイスティーにしたら、また違うかもしれませんね。